発音が正しくないから英語が嫌になる?


日本人は語学において、特徴があるのをご存知ですか。それは「読めるけど、聞き取れない」文字としての意味は知っていて読めるんです。

でも、実際に話されると聞き取れない。

何でかわかりますか?答えは、「頭の中で独自の発音に変換してるから」です。意味も読み方もあってるのに、発音が違うせいで頭の中の情報と結びつかない。だから聞き取れないんです。

俗に言う「カタカナ読み」というやつもこの類。

コレが骨の髄まで染み込んじゃうと、結構厄介なんですよね。コレでは、いくら英語の勉強をしても中々身につけることが出来ません。

定かではないですが、留学したのに全く身につかなかった人の半数は、コレが原因だったとも言われています。

このように、「音を聞き取る」という力は非常に重要!

むしろ最初に文字で学習するより、ひたすら英語の発音をきちんと身につける所から始めたほうが、結果的に近道になるとさえ言えますね。

実際、英語が高いレベルで身についている人は、共通して発音が綺麗です。

耳と口両方で英語を理解している証拠。もしもあなたが、話せなくてもいいから読めるようになりたいと考えているのなら、発音も合わせて。。。同時、もしくは先に学んでみてはいかがでしょうか。

英語モドキでは学習時間が勿体無いですから。。。

こちらもどうぞ⇒スマホ 英会話スクール